読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資と育児を頑張るブログ

子育てと投資がメインのブログ

読んで学べるADHDのペアレントトレーニング――むずかしい子にやさしい子育て(自分用メモ)

子育て

読んで学べるADHDのペアレントトレーニング――むずかしい子にやさしい子育を読みました。自分用にメモを残しておきます。




子供にしてほしい行動

「してほしい行動」をした時に親が取るべき行動

褒める、励ます、気づいてることを知らせる、感謝する、興味関心を示す、感嘆する、驚く、目を合わせる、、表情や声の調子を変える、肯定的な注目を与える

「してほしい行動」をした時に親が取ってはいけない行動

上から目線で褒めてはいけない、誰かと比較して褒めてはいけない、親の自己満足のために褒めてはいけない

「してほしい行動」をした時に、親がとるべき行動はいつどんなタイミングで取るべきか

褒めるタイミングはその直後と結果だけではなくプロセスも褒め続けること。始めたとき、しようとしたとき、しているとき、すぐにしたとき、自発的に始めたとき、してほしくないことをしなかったとき。

褒めるを習慣化

最初は意識しないとできないが、褒めるの習慣化で、無意識に褒めることができるようになる。これが結果的に子供の「してほしい行動」を増やすことになる。

課題の分離・分割

これは「してほしい行動」が子供にとって困難であった場合に有効。例えばお着替えを課題とした場合、「お着替え」と一括りにせず、衣類一つ一つの着脱という課題にまで分割することで、その課題の難易度を下げる事が可能。一つ一つの課題をこなし、結果的に大きな課題をクリアすることが子供の自信につながる。親としては分割し始めたときはもちろん、し続けている時も褒める。

子供にしてほしくない行動

「してほしくない行動」をした時に親が取るべき行動

目を合わせない、注目しない、他のことをし始める、他のことに注意を向ける、顔を背ける、話を変える、同じセリフを何度も何度もロボットのように繰り返し言う、他のことに集中する、無視することを宣言し、無視する

「してほしくない行動」をした時に親が取ってはいけない行動

子供を無視するのではなく子供の行動を無視することが重要、怒りや落胆の感情は出してはいけない。

「してほしくない行動」が終わったときに親が取るべき行動

褒める、励ます、気づいてることを知らせる、感謝する、興味関心を示す、感嘆する、驚く、目を合わせる、表情や声の調子を変える、肯定的な注目を与える。「してほしい行動」と「してほしくない行動」はセットで起こる。つまり無視と褒めるもセット。

どうやって怒りや落胆の感情を出さずに無視するか。そして無視の奥義とは。

「してほしくない行動」一つ一つに合わせてパターン化するとよい。例えばある「してほしくない行動」が始まったら「目は合わせない、体は向けない、顔は無表情、話さない、無感情、やめたらすぐ褒める」をワンセット全てこなす。すると次第に「してほしくない行動」がエスカレートしますが、それでも諦めずに無視し続けましょう。すると注目してくれないので子供は次第にそれをやめます。そして最も大事なことは「してほしくない行動」が終わったら褒めることです。
無視とは「してほしい行動」」が生じるのを待つこと。そして無視の奥義は他の何かに集中すればいいだけ。
「してほしくない行動」を夫婦間でも共有し、「してほしくない行動」が始まったら、夫婦ともに無視しなければならないため、合言葉を作ってもいいでしょう。褒めることとを同様に、無視も習慣化しなければなりません。いついかなる時も無視です。諦めずに頑張りましょう。

してほしくない行動を減らし、してほしい行動を増やす際のテクニック。

選択肢を与えると良い。例えばパジャマに着替えさせたい場合、パジャマに着替えようとしないことが「してほしくない行動」になるが「ピンクと黄色のパジャマどちらがいい?」と聞くことで、パジャマに着替えようとしないという「してほしくない行動」は消滅し、「してほしい行動」のみが残り、結果的に子供はその「してほしい行動」を選択せざるをえなくなる。
予告も有効。例えば「あと何分で終わりよ」と伝え、約束を守らなければ制限を加える。◯◯したら、◯◯しても良いというような取引もあアリ。食べ終わったら遊んでいいよなど。表を作り達成したらシールを貼るというようなことも有効。

絶対にしてほしくない行動

「絶対にしてほしくない行動」には断固たる制限を加える

本の中では「タイムアウト」と呼んでおり、それを実行。タイムアウトとは子供を別の部屋に一定時間1人にさせること。

タイムアウトの注意事項

「してほしい行動」と「してほしくない行動」に対して親として取るべき行動を理解していない人がタイムアウトをしても逆効果。
多用は控えるべき。例えば毎日タイムアウトしたり1日に数回タイムアウトはよくない。
タイムアウトの前にすべきことの一つに、指示がある。それを守ろうとすれば褒める。最悪従わない場合は、警告に移行。警告とは子供の楽しみを奪うことを意味する。
タイムアウトは3歳から12歳までの子供に有効。まずは場所を決め、次に時間を決め、やってはいけない行動が何かを説明する。やってはいけない行動が始まったらタイムアウトの警告を出す。タイムアウトの終わりに説教をしてはいけない。


サイオステクノロジー 前日比ー13円 クックパッド 前日比−12円

吉祥寺によく行く家族は井の頭公園の年間パスポートがオススメです

子育て

私たち家族はよく吉祥寺に行きます。渋谷と新宿も吉祥寺と同等の距離感なのですが、小さい子供を持つ私たちにとってこの3つの町の中で最も都合が良いのはぶっちぎりで吉祥寺です。


話は変わりますが、私はブログは出来る限り簡潔に、かつ淡々と書くことを意識しています。しかし吉祥寺について書く場合、書きたいことが沢山ありすぎてまとめきれないことに少し苛立ちを感じます。しかしその一方で「大好きな吉祥寺を書く」ということ自体に少しテンションが上がってもいます。ちなみにネットに出回る吉祥寺をまとめたページをこれまで沢山見てきましたが、そのどれもがまとめきれてないと感じています。それほど吉祥寺は子を持つ親としてだけでなく、個人としても非常に好きです。


さてそんな私たち家族にとって行きつけの場所になっているのが井の頭公園です。そしてタイトルの通りですが、井の頭公園によく行く人は、年間パスポート(大人1600円 小学生以下は無料)がオススメです。


ストレスを感じない混み具合。動物園だけでなく水族館も充実。あっちこっち歩き回る子供でも安心して開放できる広いスペースと充実の遊具。おむつ替え台やトイレも割りと綺麗です。そして吉祥寺にある飲食店は井の頭公園があるためテイクアウトができるお店が多く、それらを買って園内で持ち込みランチをしても気持ちが良いでしょう。ちなみに園内にも飲食店があり、そこではアルコールも販売しています。


ブログは簡潔に書くことにしているので、このあたりで締めたいと思いますが、とにかく吉祥寺によく行く家族は、井の頭公園の年間パスポートがおすすめです。


サイオステクノロジー 前日比−5円 1038円

自分の考えを持ち、後で答え合わせし、間違っていたら反省するというサイクル

toyokeizai.net

jp.reuters.com


高値で掴まされたくありませんので、いつ天井になるのかということを最近考えるようになりました。例えば上記のようなニュースに対して順張りと逆張りのどちらで捉えるのが正しいのか、というようなことです。


自分の考えを持ち、それが結果的にあっていたのか否かをちゃんと答え合わせし、間違っていたら反省するというサイクルを持っているかどうかが重要だと思っています。何故なら最悪の失敗は同じ過ちを二度繰り返すことだと思っているからです。


本日サイオステクノロジーを200株、1044円で購入しました。


最後に田端さんのTweetを置いておきます。


バリュー投資と上げ相場

jp.reuters.com


バリュー投資は割安な成長株を中長期で保有しますが、昨今の上げ相場では割安株が相対的に少なくなっていきます。つまりバリュー投資と上げ相場は相性がよくないと、個人的には思っています。


そこで先日のエントリーの通り短期売買にも手を出し始めているのですが、例えば上記のニュースの通り、翌日かなり高い可能性で上がるだろうなという材料があった場合、監視している銘柄の中で前日までに安くなっている銘柄を探し指値で注文を出しておきます。


すると翌日の寄り付きでその日の安値で買えることがあります。そして適当なタイミングで売却をします。些細な利益ですが、最近の短期売買はこのような手法を利用しています。

短期売買にも少し手を付けてみるテスト

割安成長株に投資したいのですが、中々これだと思える銘柄に巡り会えていません。


そこで最近は過去に保有していた銘柄の短期売買を繰り返しています。


元々短期売買はするつもりはなかったんですが、これはこれで経験値を積むという意味ではありかもしれないと考えるようになりました。


色々と手を出してみて何があっているのかを肌で感じてみる、ということは決して無駄にはならないのかなと思うようになりました。


ということで昨日ビックカメラを購入し、本日+17円で売却しました。


株式投資を始めて6ヶ月目ですが、新しいチャレンジに少し興奮しています。

時間の整理整頓

仕事 子育て

ゲームが好きです。株式投資が好きです。本ももっと読みたいです。子供と遊んでいる時間も好きです。でも全部はできません。


そこでゲームを大分減らしました。その分を株式投資と読書に充てます。子供と遊ぶ時間は現状維持で問題ないでしょう。


次に情報収集の時間を減らしました。厳密に言うと情報を得る媒体を厳選しました。微々たるもんですが、毎日のことなので、積もり積もって大きな時間になるでしょう。


最後に時間のサイクルを決めました。例えば仕事は物理的に時間を減らすことが出来ませんが、50分やったら10分休憩するというような具合にしました。これでメリハリが出来るようになります。


ところでCOOKPADですが、決算跨ぎの変動に精神的に耐えられそうになかったので、微益で売ってしまいました。

手放した銘柄を再度購入するハードルは新規で買うよりも圧倒的に低い

本日COOKPADを200株、998円で再度購入しました。


最近は長期保有を前提とした割安成長株を探しつつ、このような短期売買の銘柄も購入し、少額稼いでいます。


一度購入経験がある銘柄は、ずっと監視し続けていたこともあり、値幅や値動きの癖を理解しています。


今回購入したCOOKPADも、その時点では比較的安かったと感じたため購入しました。


ただしそろそろ決算が近づいているので、それ次第ではどちらにも大きく動く可能性があるのでこの点はリスクです。