株式投資と育児を頑張るブログ

子育てと投資がメインのブログ

ある特定の行動を無視してその行動を減らすという指導教育について

「子供は基本的に注目をされたいがための行動を取っている」

 


この原則に基づいて、もしも子供がとったある行動が、親としてして欲しくない行動だった場合は注目しない、つまり無視をする。これを続けると、結果的にその行動が減っていく、という指導方法があります。


しかし、そもそもその行動が、親としてして欲しくない行動かどうかを、子供自身が知らない可能性があります。その場合の親の責任は、それについてしっかりと教えることです。


ただ単にやってはいけないと伝えるだけではなく、何故いけないのかを伝えて理解・納得してもらう必要があると考えています。


なぜこのようなことをブログに書いているかというと、最近息子が思うようにいかなかった時に、物を投げたり叩いたりするからです。


息子はまだ話せないのですが、伝える手段が言葉しかありませんので、それが起こった時はどこであったとしてもお話をする時間を作るようにしています。


前日比 ー37円

日経平均は大幅続落、414円安

日経平均続落とともに私の保有銘柄も下げており、前日比ー33円です。しかしその一方でそれ以外の調子は割りと上向きです。昨日のブログの通り、アフィリエイトも着実に毎月報酬が増え、今月は過去最高です。


そして副業でも新しい案件が決まりました。


大事に大事にしていきたいです。

2つに集約される楽天アフィリエイトを使うメリット

私はamazonアソシエイト楽天アフィリエイトを利用しています。


今月は既にそれぞれで過去最高の報酬が確定しているのですが、楽天アフィリエイト楽天トラベルに依存しているのに対し、amazonアソシエイトは消耗品や日用品、本や電子書籍などに分散されているのが特徴的です。


ちなみにプライム会員である私自身は、何かを購入する際、楽天amazonを念のため比較しますが、楽天amazonよりも安いことは殆ど無く、amazonで購入しています。


楽天アフィリエイト楽天トラベルで依存し続けるのは怖いのですが、現状楽天市場で売られている商品とamazonでは、圧倒的にamazonの方が安いため、恐らくこの傾向はまだまだ続くと考えています。というか場合によっては半永久的に続くかもしれません。。。


しかしそれでも楽天アフィリエイトを使う理由は、やはり楽天トラベルがあることともう一つ、クッキーが30日有効だからです。もしも楽天トラベルが対象外になったり、クッキーがamazonのように24時間になってしまったと想像すると、最早使い続ける理由はなくなるでしょう。


ちなみに何かを買う際に、楽天amazonを比較すると話しましたが、ここ最近はメルカリで検索することも増えてきた気がします。


前日比 +1円

子供がメルカリを使って小遣い稼ぎをすることの是非

今日、メルカリで本が売れたのでふと気になってメルカリに年齢制限があるかどうかを調べてみましたら、下記のサイトが見つかりました。


メルカリ利用規約の「年齢制限」を別アプリと比較する

利用規約をいろいろ見てみた結果、「メルカリ利用規約」に年齢制限がないことがわかりました。


そこで更に気になったのが、息子がスマホを持つ程の年齢になり、メルカリを使って小遣い稼ぎをしたいと言ってきた場合の是非みたいなことをぼんやりとでも考えておこうかなと思いました。


ちなみに日本は高齢化社会に伴い、人口は勿論のこと、労働者人口がどんどん減っていきます。しかし、その一方で人工知能が発達し、多くの仕事が人工知能で事足りるようになるとも言われています。


また長時間労働の減少や生産性の向上を目的とした、政府主導で進めている働き方改革は、労働そのものを再定義し、働くとはなんぞやみたいなことも訴えかけてきているような気がします。


私は、この先、自らの時間を差し出すことでお金が得られるような労働はその価値を今まで以上に下げ、その一方で誰かに喜んで貰いその対価としてお金を得られる労働は、その規模が大きければ大きいほど価値を上げていくと思っています。


またその労働自体の希少性、つまり何かで代わりがきくかどうかも非常に重要だと思っています。


メルカリはこの点、お金を考える良いきっかけになるとは思っていますが、とはいえ単なる物々交換なので、それを「お金を得るための手段である労働」と一緒にさせてはいけないなと考えています。


つまり、メルカリで得られたお金と働くことで得られるお金は、どちらもお金であることは間違いありませんが、その本質は一緒じゃないということだったんですが、みなさんはどうでしょうか。


さて話は変わりますが、保有銘柄が昨日と一昨日で10%程下がりました。余力多めだったので助かっていますが、父親である私は、どんなお金もお金はお金という教訓を痛烈に感じています。

チャイルドシートに乗りたがらない息子。ヘルメットを嫌がる息子。

年齢的にも体重的にも、そろそろ「抱っこ紐で抱っこしながら電動自転車移動」から「ヘルメットを被ってチャイルドシート(後部)に乗せて電動自転車移動」にしてもらいたいと話す妻。


そこでチャイルドシートを取り付け、ヘルメットを買いました。


しかしチャイルドシートに乗るところまではうまくいくのですが、ベルトを締めて、ヘルメットを被せようとすると、泣き叫んでそれどころではなくなります。


他のお子さんでもきっとこのような悩みを持っている人、持っていた人はいると思うんですが、解決策なんて到底あるとは思えないほどに泣き叫ぶので、本当に困っています。


時間が解決してくれるのを待つしか無いのでしょうか。


前日比 ー36円

健康管理の一つとして、姿勢の矯正を試してみることにした

健康のために心がけていることは平日の自転車通勤とウェイトコントロールの二つくらいですが、もっと手軽に無意識下で出来ることが無いか調べましたら、姿勢の矯正が良さそうだったので試してみることにしました。


用意したのは姿勢を矯正して座る椅子「Body Make Seat Style」です

by カエレバ

正しい姿勢を保つことが健康や体調に与える影響は諸説あるようですが、しばらく試してみてまたその効果をブログにでもしようと思います。


前日比 ー28円

毎日体重計に乗りさえすればダイエット成功に必要なことの7割程度を満たす

私は現在35歳なのですが、30歳を過ぎたあたりから不摂生のためか急に体重が増え、65キロが78キロになりました。


そこでダイエットを実行しました。方法はレコーディングダイエットです。目標体重は決めずに、リバウンドだけはしないようと気を付け、数年間かけて55キロになりました。


55キロ以上は減らなかったので、それを維持すればいいと思ってそれ以降は過ごしてきました。しかし1年程前から徐々に体重が増えてしまい、現在60キロを少しだけ超えてしまいました。


そこでまたダイエットをすることにしました。今度は目標を「58キロプラスマイナス0.5キロを半年間キープする」に設定しました。


ちなみに私はダイエットは心の底から簡単だと思っています。カロリーコントロールと適度なカロリー消費が重要であることは間違いありませんが、それ以上に重要なことは毎日体重を計ることだと思っています。


個人的には、毎日体重計に乗ってさえいれば、ダイエット成功に必要なことの7割程度は満たすと思っています。


なぜなら体重の増加と体重計に乗る回数には相関関係があると思っているからです。


前日比 ー6円