読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資と育児を頑張るブログ

子育てと投資がメインのブログ

「おもちゃを出したら片付ける」という約束をした子供が、その約束を破ったときにどんな対応をするべきか

子育て

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)



「おもちゃは遊んだら片付ける」という約束を子供と交わしたとします。


しかしある日、おもちゃが片付けられていませんでした。約束を守らなかった子供に対してイライラする親。そのイライラした様子を感じ取った子供が「どうしたの?」と聞きます。さて親としてどういう心持ちで、どのように答えるのがいいでしょうか。


上記の本ではこのような具体的なケースに応じた、親としてのベターな対応が沢山紹介されています。


エビデンスは一切ありませんが、どう対応するべきかというテクニック的な部分として学ぶべき点が多いと感じました。更にそのテクニックが非常に多く紹介されているため、一つ一つをマスター出来れば、この本が主張する親として本来のあるべき姿にまで昇華されていきそうな予感は感じとれました。


ちなみに個人的に良かったのは対話の重要性でした。


例えば夫婦喧嘩もオープンであるべきだとこの本は主張しています。特に子供に気付かれた場合、何故喧嘩し、どう仲直りし、今後そのようなことを防ぐために何をするのかを子供に話すと良いと書いています。


何故なら子供は大好きな親が仲が悪いことで精神的に不安定になるからだそうです。最も大事なことは、そんな子供の不安を取り除くことだと書いています。説明することで、子供は喧嘩したからといって嫌いになるわけではないことを学ぶと同時に家族でも喧嘩することを知るそうです。


完璧な親を演じる必要はない。好意や期待と怒りや哀しみは比例します。隠さずに冷静に対話をすることの重要性を終始説いています。


ちなみに冒頭の部分ですが、「なにもないよ」とイライラしながら回答したり、「約束を破ったからイライラしてるのよ。何であなたは約束を守れないの?」と怒りながら回答することが良くないそうです。


「片付けると約束したのに破ったから怒ってるのよ。一緒に片付けましょう」と冷静に隠さず伝えたほうが良いそうです。