株式投資と育児を頑張るブログ

子育てと投資がメインのブログ

変化する子供の食べ方と、それに対する親の介助のあり方

息子は現在一歳半です。硬いものであればフォークで刺して食べます。そうでなければ手で掴んで食べます。もしもそれが大きければ千切って食べます。コップやお椀にいれた汁物や飲み物は口元に持っていき、そこで容器を傾け飲みます。少し前までは口元に持っていく前に傾けてしまい容器の中のものをこぼしていました。


半年前では考えられません。ここに至るまでに沢山こぼしたり、無駄にしたり、汚してきたわけですが、親の介助の甲斐もあり、息子の食べ方は日々着実に成長しています。


しかし私が介助する場合、どうも汚されることを嫌がってついつい何でも口元に持っていってしまいます。通勤前の食事と、休日の食事は私の担当なのですが、特に通勤前はこの傾向が強くなります。これでは成長しません。


先日、妻にこの話をしまたら、妻もそれに気づいていたようで、私を気遣って、汚さなくてもいいようなおかずにしていたそうです。汚したら私が片付けるから、気にしないでねと言われました。


ハッとさせられました。


ちなみに今日、日経平均が17000円を割りました。当然保有銘柄も下がりました。


前日比 -1.25%