読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資と育児を頑張るブログ

子育てと投資がメインのブログ

子供がメルカリを使って小遣い稼ぎをすることの是非

お金 子育て

今日、メルカリで本が売れたのでふと気になってメルカリに年齢制限があるかどうかを調べてみましたら、下記のサイトが見つかりました。


メルカリ利用規約の「年齢制限」を別アプリと比較する

利用規約をいろいろ見てみた結果、「メルカリ利用規約」に年齢制限がないことがわかりました。


そこで更に気になったのが、息子がスマホを持つ程の年齢になり、メルカリを使って小遣い稼ぎをしたいと言ってきた場合の是非みたいなことをぼんやりとでも考えておこうかなと思いました。


ちなみに日本は高齢化社会に伴い、人口は勿論のこと、労働者人口がどんどん減っていきます。しかし、その一方で人工知能が発達し、多くの仕事が人工知能で事足りるようになるとも言われています。


また長時間労働の減少や生産性の向上を目的とした、政府主導で進めている働き方改革は、労働そのものを再定義し、働くとはなんぞやみたいなことも訴えかけてきているような気がします。


私は、この先、自らの時間を差し出すことでお金が得られるような労働はその価値を今まで以上に下げ、その一方で誰かに喜んで貰いその対価としてお金を得られる労働は、その規模が大きければ大きいほど価値を上げていくと思っています。


またその労働自体の希少性、つまり何かで代わりがきくかどうかも非常に重要だと思っています。


メルカリはこの点、お金を考える良いきっかけになるとは思っていますが、とはいえ単なる物々交換なので、それを「お金を得るための手段である労働」と一緒にさせてはいけないなと考えています。


つまり、メルカリで得られたお金と働くことで得られるお金は、どちらもお金であることは間違いありませんが、その本質は一緒じゃないということだったんですが、みなさんはどうでしょうか。


さて話は変わりますが、保有銘柄が昨日と一昨日で10%程下がりました。余力多めだったので助かっていますが、父親である私は、どんなお金もお金はお金という教訓を痛烈に感じています。