家具屋店内に飾られた照明で遊び始めた息子の結末と私の対応

f:id:o4o7:20180821170818j:plain

先日家具を見に行きました。妻と私は家具に真剣ですが、息子はつまらない模様。そりゃ当然でしょう。まぁ少しの間、我慢しててねという思いで家具を見つつ、息子を見つつを繰り返していると、飽きてきた息子が店内に飾ってある、紐を引っ張ってオンオフするタイプの照明で遊び始めました。


少し高い位置にあった照明で、背伸びしながら紐を引っ張って遊んでいる息子を見て「気をつけてね」と私は言いました。それに対して息子は「うん」と言います。


この時点で特別嫌な予感はしていませんでした。何も問題はない、何も起こらないだろうと。しかししばらくしたら、突然大きな音がしたので、振り返ると息子が強く引っ張ったことが原因で、その照明が落ちてしまいました。


息子は悪いことをすると顔を手で覆います。その時もすぐさま顔を手で覆っていました。近寄る私と妻は、息子に怒った口調でこう言いました。


「なにやってるの?!」


次に店員さんがよってきました。店員さんはこう言いました。


「お怪我はありませんか?」


ぱっと見で怪我が無いことはある程度わかっていたとはいえ、最初に息子に何かあったのではないかと心配するのが先だったような気がして少し反省しました。


前日比 -2円

最低限必要だと思われる損得計算と投資スキル

f:id:o4o7:20180807215127j:plain

  1. 1000万を無利子で借りれる。
  2. 1000万を無利子で借りれるが、返せなかった場合に死ぬ。


この問いに対してどちらかを選ばなければならない場合「1がいいが別に2でも何も問題ない」が正解になるわけですが、息子にはこういうのが当たり前に普通にわかってくれるといいなと思っています。


前日比 +12円

一人でもできるようになればいいなと思って「親と一緒にやる」を率先してきた結果

a toy story


特におもちゃが見当たらないときに、大して探してもいないのに「父さん一緒に探そう」というようになりました。


おもちゃは基本的に息子しか触りませんから、息子がそのおもちゃをどこで遊んでいたのかを覚えていれば済む問題なので、まず「どこに置いたのか覚えてないの?どこで遊んでたの?」と聞くのですが、「一緒に探そう」の一点張りです。


息子はおもちゃをリュックにいれて持ち歩くので「リュックは探してみた?」とか「あっちのお部屋は見た?」「玄関に置きっぱなしじゃない?」「キッチンやお風呂場は?」といろいろヒントを出します。


するとやっと「一緒に探さなければ見つからない」と思い込んでいた思考が消え去り、一人で探し始めます。


一緒にやることの効果は非常に大きく、そのメリットは重々承知しているのですが、たまに都合よく使ってくる息子を見ると賢くなってきたなと思うのと同時に、多用するのはもしかしたら良くないのかなと思い始めてきました。


前日比 −57円

7回目の結婚記念日

f:id:o4o7:20180802140607j:plain

昨日は結婚記念日でした。どう過ごすか?ということについて、昨年と一緒にしようと特別意図したわけではないのですが、結果的に昨年と同様に、今年も早めに帰ってケーキと花を買っていました。


ということで今日のこのエントリを書くにあたって、昨年の結婚記念日のエントリを見てみました。あと写真も見てみました。過去の記憶を掘り起こすのにブログや写真はかなり役に立ちますね。


www.o4o7.site


ちなみに妻がまだ妻になる前の彼女だったときの付き合いから現在まで16年間、結婚して妻になってから7年、息子を産み妻が母になって3年になります。


昨年のブログを見てみて、当時の心境が思い出されましたが、やはり今年も去年と同様に、来年のこの日を何事もなく迎えられるように日々を頑張りたいと思います。


前日比 +4円

息子とアレクサ 育児・子育てとアレクサ

@DonJohnstonLC : WIRED: So you bought an Amazon Echo Dot, huh? Here's all the cool things it can do https://t.co/MqwiV72kzA

毎朝の我が家の風景

「アレクサ 今日の天気」と妻。
「アレクサ おはよう」と息子。
「アレクサ 今日のニュース」と自分。


室内で遊んでいる時

「アレクサ ドラえもんの曲かけて」と息子。
「アレクサ ジューキーズ工事中の曲かけて」と息子。
「アレクサ ピカチュウ」と息子。
「アレクサ ◯◯は英語で何ていうの?」と息子。

「アレクサ 横山だいすけの曲かけて」と自分。
「アレクサ 童謡かけて」と自分。
「アレクサ 子供の曲かけて」と自分。
「アレクサ ◯◯って何?」と自分。(息子からなにか質問されると、じゃあまずはアレクサに聞いてみようかと提案したりします)


もうすぐご飯やお出かけの時間という時

「アレクサ 5分後にアラーム」と自分。(息子がテレビや遊びに夢中になってご飯を食べたがらなかったり、出かける準備をしない時に「じゃああと5分ね。5分経ったらアレクサが教えてくれるから」と、アレクサからもそろそろだよと言ってもらいます。これ結構いいですよ。)


以上が息子とアレクサの関係でした。


個人的にはKindleの読み上げ機能が、もっとなめらかになってくれると良いなと思っています。


前日比 +7円 昨日上方修正を出した日本エスコンがまさかの前日比マイナス。日本エスコンは直近の決算も良かったんですが、翌日ストップ安。いやはや困ったものです。

息子、生まれて初めての割と大きな怪我

妻から電話が掛かってくるときは平日いつも同じ時間です。ですから、その時間帯から外れて電話が掛かってくると嫌な予感を察知します。そして昨日が丁度そんな日で、案の定、電話にでるやいなや「息子が階段で転んで血が止まらなくて救急車呼んで病院行く」と言って電話を切りました。


Japanisches Rettungswagen


結論としてはおでこを数針縫う怪我でした。CTやレントゲンは被爆によるリスクの方が大きいのでやめておきました。


妻は自分を責めていました。息子はいつもの元気の良さがありませんでした。


元気がない息子を見て妻は更に自責の念を強め、息子はその元気がなさそうな妻を見て更に落ち込んでいました。このサイクルを断ち切るのは妻が元気になることだと思いましたが、落ち込んでいる妻を元気にする言葉を持ちえない私は気休め程度な言葉しかかけれらませんでした。


しばらく息子は安静です。一方、妻は何も悪くないのですが、妻自身は自分が悪いと思っており、その反省に時間がかかるかもしれません。私は二人のために何かしてあげられることを探したいと思いました。


前日比 −24円

息子との会話で気をつけるようになったこと

f:id:o4o7:20180726200103j:plain

息子から質問されたときは、3歳のこどもにも理解できるようにと、色々と気を使いながら説明しています。


ところが普段の日常生活で、会話すらままならない、ボキャブラリーの少ないこどもに対して説明する機会なんてそうそうないので、理解してもらうためにはどう説明すればよいか?みたいな意識が働く結果、変なスイッチが入ってしまいます。そして変なスイッチがはいってしまうと、その説明は自分が思い描いた理想を100点とすると、40点くらいの出来になってしまいます。


自分自身これが非常に嫌で、どうにかならないものかとあれこれ工夫したのですが、結果的に辿り着いたのが「大人と話すのと同じ様に話す意識」でやることで変なスイッチが入らなくなりました。


もちろん単語は噛み砕きます。ただ意識を普段の会話と同じにすることで変なスイッチが入らなくなったのです。


もうちょっとやり方はあるかもしれませんが、しばらくはこれでやってみてまた少しずつ工夫しながらやっていきたいと思います。


前日比 −1円

映画館デビューした息子

f:id:o4o7:20180723150544j:plain

週末は息子に映画館デビューをさせました。


anpan-movie.com


そこまで暗くない、騒いでも大丈夫、優しい音量、という設定で映画館デビューを後押ししてくれるというのが本プログラムの趣旨でした。


館内はいると回りは子連れ親子ばかりで、もしもうるさくしてもそこはお互い様ということもあり、心の底から安心できました。


育児に不寛容とか色々言われてますから、こういうのは非常にありがたいです。


前日比 −21円

配偶者に読んでもらいたい本としてこれ以上の本を読んだことがない

f:id:o4o7:20180717153223j:plain


お互いにとって実益がある。そして読んだあとに読んで良かったとかなり高い確率で思ってもらえる(少なくともわたしがススメて、実際に読んだ人からの感想は全てポジティブでした)。しかも配偶者に限定しましたが、自分にとって大切な人に読んでもらいたい、ススメたいと思える。そんな本って、少なくとも私が読んできた中にはありません。


世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事



かなり売れてるので多くの人が読んでいると思いますが、まだの方は読んだほうが良いと思います。読んだ上で、実行するかしないかは当然自由ですが、少なくとも損になることは一つもない。


ブログはですます調の丁寧な言い回しをしてきましたが、これほどの断定口調は多分今回が初めてです。これを読む人が増えて健康寿命があがれば医療費も下がるでしょう。


前日比 +4円

言葉が負債になる

f:id:o4o7:20180713190512j:plain

好きな本に「金持ち父さん 貧乏父さん」があるのですが、そこでは資産を「お金を生み出すもの」と定義し、逆に負債を「お金を奪っていくもの」としています。


負債の代表はマイホームです。買った瞬間に値段が下がるマイホームは、投資対象としてみると、明らかに損をしますから、これは当然だと言えます。昨日住宅ローンの契約を済ませてきたばかりですが、簡単にいうと「お金を払って損をする」ということです。


またマイホームには簡単に引っ越しができなくなるというデメリットも存在します。いつ転職・転勤するかはわかりませんし、子供の通う学校 or 通わせたい学校が家から遠い、いじめにあって転校させたいが家から遠いなど、そのステージで状況が一変する可能性を人生は秘めているので、この辺りがリスクと言えるでしょう。更に、事故に遭ったり、被災したり、病気になったりすると支払いが困難になりますし、親の介護の問題が出てきたりすると、色々と事情は複雑化し、制約を受けることにもなります。つまり負債は「お金を奪っていくもの」という意味以外に「身重になる」ということも含まれていると思っています。


そこでふと、言葉も負債になりえるなと思いました。


なぜなら前言撤回って結構難しいので、一度言葉にすると、人はそれに縛られて考えを変えることができなくなって、結果的に損をしてしまうかもしれないと思ったからです。自分の発言に責任を持つことが大事であることは重々承知しつつも、それによって不利益になることがあれば、どんどん前言撤回していこうと、最近思いました。


映画はやらないと言っていたまっちゃんが映画をやっていたりとか。オールナイトニッポンにでるような歌手にはならないと言っていたユーミンがオールナイトニッポンのパーソナリティになったりとか。活躍している人って、割と前言撤回をさらっとしているイメージです。


前日比 +19円

色々なコミュニティに息子を参加させようと思った理由

先日、息子が私の顔を叩きました。少し怒った顔をして、息子の腕を掴んで、叩いてはいけないと言いました。すると息子は泣きました。


息子は最近叩きます。親に対してだけ。週に1度預けているひととき保育ではそんなことはしません。また祖父母にもしません。もちろん公園で知り合って一緒に遊ぶ同年代のお友達にもしません。親に対してだけ叩きます。


classmates


先日、公園で知り合った1歳上のお友達と一緒に遊んでいた息子が、その友達が遊ぶ遊具を揺らしました。するとお友達から「やめて」と言われました。それでも息子は揺らすことをやめませんでしたが、もう一度「やめて」と言われるとやめました。


それを見た私は、私が注意したときとは違って、やけに素直だなと思いました。


前置きが長くなりましたが、恐らく息子は人を見るようになってきたのだと思います。そして人によって対応を変えることを覚えたのだと思います。ということで、もっと他者からの影響を受けてもらったほうが良いと思い、色々なコミュニティ(習い事や地域のプログラムなど)に参加させようと思った、というのが今回のエントリーでした。


前日比 +13円

育児に対する気持ちの波

f:id:o4o7:20180705174904j:plain

間もなく3歳3ヶ月となる息子ですが、育児に対する気持ちに波があることに最近気づきました。


簡単に言うと、積極的に関わろうとする時とそうでない時があるという意味です。


誤解がないように説明しますが、「育児に積極的でない」というのは育児放棄などを意味するのではなく、積極的だったときと比べて相対的にテンションが低い状態を意味しています。


気持ちの高低差をなくしたいです。というか平均化したいです。高くなくていいので、低くもなりたくありません。


前日比 −87円

息子の幼稚園の入園試験&面接に着ていくスーツ

http://img4.zozo.jp/pc/zozosuit/img/default.--/img_zozosuit.png


11月に息子の入園を検討している幼稚園の試験と面接があるのですが、私はそんなときに着ていくピッタリのスーツを持っていません。なぜなら私が勤めている会社は私服通勤だからです。さてどうしたものかと考えていると今日こんな発表がありました。


japanese.engadget.com


ZOZOよりも安く売っている紳士服のお店はあるにはあるのですが、当然ですがジャストサイズではありませんし、そもそもオーダーメイドでこの価格はありえません。しかもシャツまでついています。そして私はZOZOSuitsをもっているので買おうと思えば買えます。まぁ、それ以前に面接のためだけのスーツにいくらだすかという問題はなくもないのですが。


ちなみにこの発表は競合に相当な影響を与えた模様です。当然でしょう。



前日比 +7円

息子と二人で遊びに出かけたとある休日

DSC_0750


昨日は息子と二人で外出しました。午前中からでかけようとしたのですが、息子の希望で午前中は家で遊び、午後から外出。


どこに行こうか迷ったのですが、外は暑すぎて危なかったので屋内を前提に考えた結果、都営バスに乗ったことがなかったので、都営バスに乗って3駅先まで移動。都営バスに乗れた息子は念願叶って大喜び。降車時、運転士さんも笑顔でバイバイをしてくれて息子ほっこり。ちなみに目的地となったその駅は、駅ビルに児童館があるため、その児童館で遊びました。


2時間ほど児童館で遊んだあとは、また都営バスに乗って地元に戻り、そのまま家には帰らず、水遊びができる公園へ。


到着したのが確か14時過ぎで、水遊びが出来るのは16時まででしたから、あと2時間たっぷり遊ぼうと考えていました。ところが、16時を過ぎてもそこで知り合ったお友達との遊びに夢中で、一向に帰ろうとしないので、諦めて最後まで付き合うことにしました。ちなみに公園に誰もいなくなるまで遊ぶことになったんですが、帰りは18時前でした。


疲れた息子は食べながら寝てました。


あっ、そういえば息子が昨日はじめてトイレで大きい方を成功させました。ハイタッチして喜びを分かち合いました。


前日比 +67円 日本エスコンがS高でした。決算自体は悪くなかったのにもかかわらず、決算以降、ズルズルと下がっていた日本エスコン。今回の上方修正は納得ですし、狼狽売りをしなくて正しい判断だったなと思っています。ただ、買い増しのタイミングは明らかにミスっていたので、ここは反省です。

同じ絵本を何度も読むか新しい絵本を沢山読むか

はらぺこあおむし


息子にも読書習慣をつけさせようと思い、毎日寝る前に読むようにしています。また子供が絵本を持ってきたときは断らないようにしています。あとは絵本を低い位置に並べて、息子が自ら取り出せるようにしています。


ちなみに我が家に絵本が何冊あるのか数えたことはないのですが、絵本の購入費はケチったことがないので、少なくないとは思っています。ただそうはいっても絵本は安くはないので、どうやって仕入れるかは色々と工夫してきました。


さてタイトルについてですが、息子は気に入った絵本を何度も読んで欲しがります。これはきっとどの家庭でもある話だと思います。息子自身が望んでいるので、私は喜んで対応するのですが、先日新しい本を大量に買い、読んだ結果、「面白い」と言ったのです。


面白いかどうかの判断は色々とあると思うのですが、そのときに発した「面白い」はこれまでの「面白い」とは違いました。


本人が同じ絵本を何度も読んで欲しがるので、思考停止して、それ自体良いものだと思いこんでいましたが、よくよく考えたら「そりゃあ、何度も同じ本読んだら飽きるよな」と思ったのです。


同じ本を何度も読むことの良さと、多読の良さはそれぞれ違いますが、バランスよくやっていこうと思い直しました。


前日比 −11円