TDLの新アトラクションの初日ばりに乗れない乗り物

銚子電鉄2000形 優先席ステッカー


それは「ベビーカーでエレベーター」です。優先エレベーターでものれません。1階や最上階からなら当然乗れますが、途中階からだと乗れません。そして誰も譲ってくれません。電車の優先席とは違って「誰か譲るかな」とか「私が譲ろう」という、そんな空気すらありません。


私は体感で最長20〜30分位待ったことがある気がします。タイトルはかなり誇張してますけど、やがて自分の番がやってくるTDLのアトラクションは、長時間ではあっても刻々と近づいてくるワクワク感が相まって、その待ってる時間もなんとかやり過ごせますが、ベビーカーでエレベーターの場合、永遠に乗れないのではないかという感覚に絶望します。


抱っこしてエスカレーターや階段という選択肢もあるにはあるんですが、そのまま寝かしつけておきたいケースもあります。そんなときに限って起こります。


譲ってくれない人に怒ってもしょうがないのですが、もっともっとこの問題は認知されるべきだということを以前にもブログにしました。


o4o7.hatenablog.com


前置きが長くなったのですが、本題はここからです。実は昨日、一昨日とデパートで満員のエレベーターに乗り、途中階でベビーカーの親子が乗ろうとしても乗れなかったときに、自分が譲らなかったのです。こんな主張をしているにもかかわらず。その機会は2回あり、最初は譲ったんですが、2回目はエレベーターの奥の方ということもあり、譲らなかったのです。


そんなときは「どうぞどうぞ」と譲るのではなく「あー降りますー」って言えばいいんですよね。とにかく反省したので、改めてブログにした次第です。


前日比 +2円

キャラ弁禁止ルールとか

Charaben - my first time

キャラ弁禁止というルールが存在することを最近知りました。理由はなんとなく想像できました。


その他に「友達の家に遊びに行っていいかどうか」と「友達が家に遊びに来ていいかどうか」はセットで、この二つは親が決めているというコミュニティ(幼稚園とか小学校とか)が存在するということも初めて知りました。これはその存在理由がすぐには思い浮かびませんでした。それほど自分にとって謎でした。


理由を聞くと、その理由は主に以下の3つでした。


・溜まり場になってほしくないから来てほしくない。溜まり場にさせてしまうと迷惑をかけるから行かせたくない。
・友達の家で粗相をしてしまうと親が責任を取らなければいけないから行かせたくない。友達が家にきて何か粗相をさせると親が責任を取らなければ行けないから来てほしくない。
・害になりそうな家に行かせたくない。害になりそうな子供に来てほしくない。


息子は4月に幼稚園に入園するので、こういったことにも気をつけないといけないと知れたのは良かったです。


前日比 −36円

現時点で最強の子供や家族の写真管理方法

man-taking-photo-camera


子供が生まれると、写真が劇的に増えます。スマホは当然のこと、デジカメやビデオカメラは新しく買ったり買い替えたりします。そしてこれらに祖父母のスマホやデジカメも参戦しますので、その量は尋常じゃなくなります。ということで、どうやって管理するのが最適かということについては、結構時間もお金も使ってきたつもりなので、現時点での最強の写真管理方法をお伝えします。


保存先はAmazon Photo、Google フォト、みてねの3つ。ただしビデオカメラの動画だけは、サイズが大きいのでSDカードに保存。3つある理由は、それぞれ一長一短があるからなのですが、バックアップは複数あったほうがいいという理由も含まれています。


さてまずAmazon Photoですが、これはAmazon Prime必須なので、全ての方が該当するわけではないと思います。しかし非常に便利です。日付ごとで管理されるので、一年前の今日や二年前の今日なんかもさくっと見れます。ただし動画のアップロードには限度があります。これは非常によろしくありません。夫婦でアカウントを統一しているのでお互いのスマホにアプリを入れて、写真を撮ったあとにアプリを起動すれば、あとは勝手に保存してくれます。


Google フォトは容量無制限で無料で使えて、なおかつAmazon Photoとは違って動画の限度もありません。Amazon PhotoとGoogle フォトとみてねの3つの中で一つだけ選ぶとなれば、ダントツでこのGoogle フォトです。理由は全てを保存してくれるからです。Amazon Photoの機能はすべて使えて、動画の限度もなし。更に複数の写真で一つの動画やアニメーションを作ってくれたりします。


みてねは私の可処分時間の、恐らく0.5%程度を奪うほど魅力的なアプリサービスです。何が優れているかというと、親兄弟とも写真を共有出来る点です。これは3つの中ではみてねだけのオリジナル機能です。また20本以上動画をアップロードすると、運営がその動画の中の印象深い1シーンを1秒だけ切り取ってつなぎ合わせた1秒動画というものを作ってくれるのですが、これが結構感動します。ただし親兄妹に共有したくない写真や、するべきでない写真の保存先としてはふさわしくないかもしれません。少なくとも私は、そのような写真はみてねに保存していません。


以上です。この3つを入れておけば、困ることはありません。おすすめです。ちなみに祖父母が撮ってくれた写真はUSBで貰い、友達家族が撮ってくれた写真はLINEで送ってもらっています。


前日比 −6円 銘柄を探す方法や習慣について現在見直しています。見直してみて、良かった点を今後も継続して取り入れていこうと考えています。

息子とお寿司屋さんごっこ

握る  making sushi


息子はお寿司が好きなようで、何を食べたいかと聞くと、大体回転寿司といいます。恐らく私の影響です。


しかし毎回回転寿司となると、親も飽きますし、回転寿司が付近になかったりする場合もあります。そこでお寿司屋さんごっこが割と使えるということに気づきました。


やり方は簡単で、刺し身を買ってきて、家で息子に板さんをやってもらうだけです。ただし食べるのは板さんである息子です。


親も楽しいのでおすすめです。


前日比 +9円 日本エスコンの好決算翌営業日の値動きはダチョウ倶楽部ばりの鉄板芸ですね。

旧家族と新家族の境目

Family


昨日は妻とそれぞれの親兄弟の話になりました。


ちなみに誰かと家族の話になるとこれまで思い出してきたのは親兄妹でしたが、結婚して子供が生まれるとそれは途端に妻子に変わります。


そうすると、親兄弟に対する他人度が増します。しかし一方で、年齢を重ねると親兄弟ほど気心許せる知り合いがなかなかできないので、親兄弟へのありがたさというか、感謝というか、とにかくそんな思いが日に日に増していきます。


特別オチはないんですが、なんとなくブログにしておきたくて書いてみました。


前日比 −15円

7年前の昨日、2月4日に結婚式を挙げました

Album fineart


amazon photoや写真共有サービスなどで「1年前の今日」とか「2年前の今日」とか、その日その日の思い出を簡単に振り返ることができるようになって、過去を思い出す機会が増えましたし、振り返るのに便利ですし、記念日やイベントなどを忘れないようになりました。


ということで昨日は、結婚式を挙げた日だったので、仕事帰りにケーキを買い、妻を労うとともに簡単にお祝いし、まだ生まれてなかった息子に結婚式の時の写真を見せたりしました。


ちなみに妻の息子への対応は、自分とは明らかに違います。そんな自分とは違った息子へのアプローチを見ていると「なるほど、そういうのもありか」と気付かされたりします。怒るときも、妻は息子を子供扱いせず、全力で怒ります。そんな姿を見ていると「子供扱いしてないの凄いな。自分には無理だ」と思ったりしています。


この先もお互いでできないことを補完しあっていきたいと思っています。


前日比 +79円 MCJが昨日のマイナスから大幅高となりました。ここはいつもこんな感じなので慣れてしまいました。

息子は息子であるけれど、それ以前に一人の人であることを忘れたくないという話

Child


間もなく幼稚園入園となる息子ですが、今年はそんな息子に対して、週に1回は息子と二人きりの時間を作ると決めました。なぜならこの先、時間を気にせず息子と遊ぶ時間がどんどん減っていくので、後々もっと遊んでおけばよかったと思いたくなかったからです。あとそれによって妻の負担も減るというのがあります。


そしてあともう一つきめたことがあります。それは私と息子の二人だけの関係において、これまで「息子ファースト、息子10割」だった感覚を「息子ファースト自分セカンド、息子8割自分2割」に移行しようと思ったことです。


これについては、どこかで「息子のために控える。息子のために我慢する。息子にとって良いこと。」と思ってた感覚が、実は息子が望んだことではないかもしれないと思ったからです。「息子のために」が実は逆効果かもしれない、息子を言い訳にしているかもしれない、単なる親のエゴかもしれないと思ったのです。こんな状態に陥るのもすべて息子ファーストが足枷になっている気がしたのです。


あと自分2割にすると、当然自分の時間が生まれます。そこで「自分がやりたいことをやる」をやり続けると、結果的に息子も「自分がやりたいことをやればいいんだ」と思ってくれるのではないかなと思ったからです。息子には「自分がやりたいと思ったこと、決めたことを大事にしてほしい」と思っています。そして、私は「私がやらせたいことが、息子もやりたいことだと思っているはずだ」という誤解だけはしたくないとおもっています。


息子は息子でもありますが、それ以前に一人の人でもあるので、適度な距離感を保っていきたいです。冷静と情熱の間ぐらいの感じで。


前日比 +17円

あけましておめでとうございます

f:id:o4o7:20190107184139j:plain

営業日しか更新しないため遅くなりましたが、新年初めてのブログは仕事始めの今日となりました。


年末年始は、年末年始特有なイベントもあるにはありましたが、それ以上の特別な出来事はなく、普段の休日の行動パターンとなんら変わらない平常運行となりました。


朝起きて朝食を食べて家の掃除をする。10時か11時位から15時位まで家族で出かける。昼食は外出先のレストランか、公園があった場合はそこで家族水入らずで済ませる。帰ってきたら家族みんなで夕飯とお風呂。絵本を3冊から5冊程度読んで、大体21時から21時半の間に就寝。年末年始であってもこのサイクルは何も変わりません。


さて私は毎年、「個人目標と投資目標、健康目標、家族目標」を年始に立ててきました。ですので私にとっては、今日からしばらくのあいだ、昨年を振り返りつつ今年の目標をたてる非常に重要な期間になります。


勿論、11月くらいからぼんやりと考えているので、ゼロから考える必要はないのですが、目標の明文化するのは年始です。もしかしたら少し更新が滞るかもしれません。


前日比 +78円

今年残り7日で今年初めての風邪

Cold


日曜日に息子がウィルス性の胃腸炎になり、昨日妻が感染し、今日自分がただの風邪になりました。


ブログはいつも大引け後に更新していたんですが、間もなく早退するので、簡単更新をしてみました。


クリスマスらしいことは何もできなかったので、その分年末年始に楽しもうと思います。

「なんで?」を連発する息子

Question mark


子供が「なんで?」を連発することは知っていましたが、想定外の「なんで?」の量でびっくりしています。

息子「今何時?」
私「9時5分だよ」
息子「なんで?」
私「・・・」

私「お菓子じゃなくてみかん食べようよ?」
息子「なんで?」
私「お菓子よりも栄養が多いから」
息子「なんで?」

(ここはちょっとした分岐点です)

(1)私「お菓子はほとんど砂糖だけど、みかんにはたくさんの栄養があるからだよ」
息子「なんで?」
私「・・・」

(2)私「栄養が多いみかんを食べて大きくなってほしいからだよ」
息子「なんで?」
私「・・・」

私「こっちも美味しいよ食べてみる?」
息子「なんで?」
私「美味しいからだよ」
息子「なんで?」
私「・・・」


文字にするとイマイチ伝わりづらいのですが「なんで?」のセリフは、こっちが言い終わらないうちにかぶせてきます。つまりこちらが何を言おうが脊髄反射で「なんで?」というのです。


子供の好奇心は常にマックスです。ですから「なんで?」を遮って「なんで?」の使い方を教えようとすると、そのマックスだった好奇心ゲージが減ってしまうのではないかという不安があります。とはいえ「なんで?」の使い方がおかしい息子をそのまま放置するのも問題だと思っています。


もう少し様子を見たいと思います。


前日比 −7円

頭のいい人は多くても運の良い人は多くないが息子はさて如何に

LUCK


今読んでいる本の中で運についての描写があり、ふと息子は運がいいかどうかと考えてみました。

  • 私が不妊精子の数も精子の運動率も非常によくなく絶望かと思ってました。夫婦で話し合い、それでもまずは試してみようと一回目に人工授精をしましたがだめで、二回目の体内受精・顕微授精が運良く一発でうまくいき、さらに五体満足で生まれてきたのは、夫婦の運もあるが本人の運もあるでしょう。
  • 切迫早産だと言われて出産を遅らせようと色々と手を尽くしていると、なんだかんだで大きくなりすぎてこれ以上お腹の中で育つと難産になるから、陣痛促進剤で出産してみると、3500キロを超える元気な赤ちゃんだったことは、運が良かったといえると思います。
  • 10針近くを縫う怪我をした箇所は、丁度眉尻の上あたりで、少しでも下にずれていたら目に障害が残っていたかもしれないことを考えると、息子は運が良かったのでしょう。


まだ若いのでこの程度しか思いつきませんが、こんなところでしょうか。ちなみに運が良くないと、それによって周囲を悪い方に巻き込んだりしますが、逆に運が良いことで周囲が好転することもあると思っています。この点、近所の口下手な引っ込み思案の息子と同い年の子供は、息子と遊ぶときにだけ活発になると、その母親が嬉しそうに明かしてくれました。その子は運が良かったと考えると、息子の持ってる運も少なからず影響したと考えていいでしょう。


前日比 +44円 日本エスコンが上方修正と増配を発表しました。がしかしまだまだ満足していません。配当が多すぎるのはそれはそれで問題だとおもうので、増配が嬉しくないわけではないんですが、もっともっと成長してほしいです。

息子に補助輪付き自転車を購入し息子の行動範囲が広がる

A Small Red Bike


子供は成長とともに行動範囲がどんどん広がります。もしかしたら近所のコンビニであれば、もう補助輪付き自転車でいけるかもしれません。


うつぶせ→ずりばい→ハイハイ→つかまり立ち→一歩、二歩→よちよち→スタスタ→走る→三輪車→ストライダー→補助輪付き自転車


個人的に今から楽しみにしているのが、補助輪なしでの練習です。なぜなら自分自身が補助輪なく運転できたときの感動が大きかったのと、あともうこれからはどこでもいけるという無敵感に最高に感動しまして、それを息子も体験するのだなーと思うと色々感慨深いからです。


前日比 −12円 大阪万博決定で関西に本社を構える銘柄はお祝い相場ったんですかね。

駒場祭のサイエンスショーを見に行ったら

http://www5b.biglobe.ne.jp/~a-uchi/koken/gazou/f621.jpg

日曜日に東京大学駒場キャンパスで行われた駒場祭に息子と二人で遊びに行きました。


時間もなかったので、1つか2つ見て帰ろうかなとパンフレットを見ていると「サイエンスショー」があったので「これだ」と思って、息子と向かいました。


到着して中に入ると、びっくりすることに、教室はほぼほぼ子連れでした。つまりこれは、ここにきた親御さんは、子供にその道へとすすませようと検討しているのかもしれない、と感じました。(もちろん純粋に興味があってきた子連れもいたとは思いますが)


競争率が高いと上に登り詰めるのは大変です。代えがきくようなことは、その人でなくてもいいことになるので基本使い捨てです。よほど能力が高いか、あるいはオリジナルな能力者でなければ将結構難しいと思っているんですが、理系の道も、結構厳しそうだなーと感じました。


かくいう自分も、息子には文系よりは理系と思っていたので、息子の将来どうなるんだろうかと考えました。


ちなみに全然関係ありませんが、マイクを使って呼び込みっぽいことをしている東大生が「学祭来ても東大に入れるわけじゃないからさっさと家に帰って勉強しろ。あと子連れの親、東大の学祭にきても子供の頭は良くならないぞ」的なことを言ってました。そりゃそうだ。


前日比 +20円

親の都合で習い事をやめさせるパターン

kids & golf

子供の習い事について、あれがいいこれがいいなんてことを妻とたまに話しをするんですが、いざやらせる場合は、しっかり子供も含めて三者間の合意を得ないといけないと思っています。


なぜなら親の勝手な都合で習い事をやめさせるなんてことになりかねないからです。


例えば子供と妻が前向きで、夫が後ろ向きだった場合。その習い事の送り迎えを夫に頼んだり、その他諸々の管理や準備等々で夫に負担をさせ続けると、次第に夫が不満を口にし始めます。


不満がたまった夫は「お前がやらせたいと言ったんだから責任持って面倒を見て欲しい」と言い出します。


すると妻は「じゃあ私が全部やるから口出さないで」と言います。


しかし妻一人で全てやることは非常に難しいので、次第に妻のやる気が失せていきます。そしてそれが子供にも伝播し、最終的に習い事をやめる、というのが起こりかねないなーなんて思っています。


当然ですが、妻と夫を入れて変えても同じことが起こるので、先々見据えて気をつけたいと思います。


前日比 +18円

息子の日々の成長を息子自身にわかってもらいたいので私はそれをしっかり伝えたい

Growth

今日は午前中、息子と公園で遊びました。


息子はサッカーは上手なんですが、野球はあまりやったことがなかったので、少し前から野球を一緒にやるようにしていました。ゼロからのスタートですから、どんどん上達していきます。そこで今日は、その感覚が忘れないようにと再度野球をやらないかと提案しやってみると、前に教えたことをしっかり覚えていました。


そこで野球のあとサッカーをしたんですが、これまでは蹴るだけだった息子が突然、私の真似をしてドリブルをしました。とても上手だったので私はびっくりしました。


成長とは、できなかったことができるようになったり、知らなかったことを知ったりすることです。私は息子には成長マニアになってほしいと思っていますので、その成長を私は見逃さず、息子にしっかり成長しているということを認識してもらえるように漏らさず伝えたいと思っています。


前日比 −31円