プレ幼稚園不合格で生じたこの複雑な気持ちとは何なのか考えてみた

o4o7.hatenablog.com


入園を検討していた幼稚園のプレが不合格でした。


私は不安やモヤモヤしたものを感じると、それを言語化して、その原因を探り、分類し、解決できることならば解決しようと考え、出来ないことは諦めるというプロセスを辿るんですが、プレ幼稚園不合格の通知がきたことによる気持ちの整理がまだできていません。


「親として不甲斐ない」
「子どもに申し訳ない」
「縁がなかったと思って諦める」
「まだ他の選択肢があるから前向きに」
「あの幼稚園は、私達家族には合わなかったからむしろ良かったと無理やり思い込む」


色々な思いが駆け巡ったんですが、色々と考えた結果、一番しっくり来たのは「努力とほぼ無関係。努力量と合格率が比例しない」というところで落ち着きました。兄弟や縁故者などで、既に多くの合格者枠が埋まっているため無理ゲーです。


頑張っても無理なもんは無理です。できることはしますが、できることに限界がありますから、それ以上はどうしようもありません。ということでこれについて色々と考えても時間が勿体ないので、次を考えたいと思います。


前日比 −66円 ちなみにある銘柄を購入しました。