解体後に発覚した2つの事実 不動産購入記23

f:id:o4o7:20180416191830j:plain

o4o7.hatenablog.com

解体してみて発覚した事実が2つあります。一つ目はシロアリ被害が思っていた以上に大きかったことです。この結果、柱は2本だけ残して、ほかは全部取り替えることになりました。ちなみに不動産業者さんとは余程のことが無い限り、追加費用が掛からないという契約を交わしており、これについては追加費用0円で済みました。非常に得をしました。リフォームでありながら、ほぼ新築になったとのことです。


二つ目の事実は、地盤がスカスカで、建物自体が無視できないほどに傾いていたことです。私たちの新居はリフォームですから、このままの状態で家を建ててしまっては、耐久性に問題が生じます。ということで、地盤調査をしました。その結果、地面から1メートル程、地盤が緩んでいたことが明らかになり、そこを強化してから、リフォームを再開するとのことでした。ちなみにこれは流石に追加費用0円とはなりませんでした。ただ通常であれば数百万掛かる可能性があったものでしたが、そこまで大きな額にはならずに助かりました。


工期が延びることが決定したので、そこは少し残念でした。


前日比 -13円