習い事が続くかどうかの決め手

f:id:o4o7:20180615180223j:plain

来年幼稚園生になる息子にそろそろ習い事をさせてもいいかもしれないと夫婦で話をする機会が増えてきたんですが、それもあってかママ友から情報を聞いたり、調べたりして、いくつか選択肢を出し合っています。


個人的にはどんな習い事をさせるかよりも、指導者が寛容かどうかと目標設定がきっちりされているかどうかを一つの判断基準にしています。


子供がその習い事が続けられるかどうかは、面白いかどうかにかかっていると思います。そしてその面白いかどうかは、基本的には上達しているかどうか(友達などの外的要因を除く)だと思います。始めたばかりの頃は、ゼロからのスタートですから、そこから下手になることはありませんから、100%上達します。


でもきっとどこかでつまずくはずです。そしてつまずくとつまらなくなります。つまらなくなるとやめたくなります。つまり上達していない自分に飽きてくるのです。


私は、そこで「ダメ」と烙印をおすような指導者の習い事は基本的には反対します。なぜなら子供なので人格まで否定されているような気持ちになる可能性があるからです。そして、その子に合わせた目標を設定してくれるような人であってほしいとも思っています。回りの子の殆どがができることであっても、その子に合わせて、目標を更に細かく分解して指導してくれるような人が良いなと思っています。


そしてその上で、息子がやめたいと言ったら、やめればいいと基本的には肯定すると思います。


前日比 +9円