同じ絵本を何度も読むか新しい絵本を沢山読むか

はらぺこあおむし


息子にも読書習慣をつけさせようと思い、毎日寝る前に読むようにしています。また子供が絵本を持ってきたときは断らないようにしています。あとは絵本を低い位置に並べて、息子が自ら取り出せるようにしています。


ちなみに我が家に絵本が何冊あるのか数えたことはないのですが、絵本の購入費はケチったことがないので、少なくないとは思っています。ただそうはいっても絵本は安くはないので、どうやって仕入れるかは色々と工夫してきました。


さてタイトルについてですが、息子は気に入った絵本を何度も読んで欲しがります。これはきっとどの家庭でもある話だと思います。息子自身が望んでいるので、私は喜んで対応するのですが、先日新しい本を大量に買い、読んだ結果、「面白い」と言ったのです。


面白いかどうかの判断は色々とあると思うのですが、そのときに発した「面白い」はこれまでの「面白い」とは違いました。


本人が同じ絵本を何度も読んで欲しがるので、思考停止して、それ自体良いものだと思いこんでいましたが、よくよく考えたら「そりゃあ、何度も同じ本読んだら飽きるよな」と思ったのです。


同じ本を何度も読むことの良さと、多読の良さはそれぞれ違いますが、バランスよくやっていこうと思い直しました。


前日比 −11円