家具屋店内に飾られた照明で遊び始めた息子の結末と私の対応

f:id:o4o7:20180821170818j:plain

先日家具を見に行きました。妻と私は家具に真剣ですが、息子はつまらない模様。そりゃ当然でしょう。まぁ少しの間、我慢しててねという思いで家具を見つつ、息子を見つつを繰り返していると、飽きてきた息子が店内に飾ってある、紐を引っ張ってオンオフするタイプの照明で遊び始めました。


少し高い位置にあった照明で、背伸びしながら紐を引っ張って遊んでいる息子を見て「気をつけてね」と私は言いました。それに対して息子は「うん」と言います。


この時点で特別嫌な予感はしていませんでした。何も問題はない、何も起こらないだろうと。しかししばらくしたら、突然大きな音がしたので、振り返ると息子が強く引っ張ったことが原因で、その照明が落ちてしまいました。


息子は悪いことをすると顔を手で覆います。その時もすぐさま顔を手で覆っていました。近寄る私と妻は、息子に怒った口調でこう言いました。


「なにやってるの?!」


次に店員さんがよってきました。店員さんはこう言いました。


「お怪我はありませんか?」


ぱっと見で怪我が無いことはある程度わかっていたとはいえ、最初に息子に何かあったのではないかと心配するのが先だったような気がして少し反省しました。


前日比 -2円